相談事例集

2016.03.04更新

(相続人)
・相続人は子3人
・母親は既に他界しており、今般他界した父親に関する相続

(遺産)
・土地。土地上には、長男名義の建物があり、長男一家が居住している。
・金融資産あり。

 

遺産協議分割のポイント

・長男は建物を所有しているので、当然土地を相続したい。
・金融資産で調整できれば、比較的スムーズに協議がまとまる。
・長男が土地を取得することで、遺産全体の法定相続分相当額を超えてしまう場合(金融資産を他の相続人に全部渡しても、長男が取り過ぎになる場合)、長男が取り過ぎ分んを調整するためにお金(代償金)を保有していなければ、協議が難航する。

投稿者: シリウス法律事務所事務所

尾川・白崎法律事務所 成年後見専門サイト 尾川・白崎法律事務所 尾川・白崎法律事務所 Google Plus
初回相談無料 06-6364-1133 (9時~18時)