相談事例集

2012.09.04更新

<相談内容>
 この度、私の父が亡くなり、その子である私(男)、姉、妹で遺産分割協議をすることになりました(母は父より先に他界しています。)。遺言はありません。

 私は、父と同居し、父名義の不動産(土地建物)において家業である和菓子屋を継いでいる一方、姉と妹は嫁いでいます。

 私は、引き続き家業を継続するため、父名義の不動産を取得したいのですが、姉や妹もそれぞれ法定相続分3分の1を主張し、遺産分割協議が進展しません。

 このような場合、父名義の不動産を売却して、売却益を相続人で3分の1ずつ分けるしかないのでしょうか。
 私としては、何とか、不動産を取得して家業を継続したいと思っています。

<解決>
 このケースでは、お姉さんと妹さんは、法定相続分3分の1を主張するといっても、必ずしも不動産の共有持ち分を取得することに固執していると思われません。すなわち、遺産の価値として3分の1を主張しているわけです。

 とすれば、相談者の方が、不動産全部を取得する代わりに、不動産価値の3分の1相当額を、お姉さんと妹さんにそれぞれ払うことにより、遺産分割協議をまとめることが可能です。このような解決法を代償分割といい、そのために支払われる金銭のことを代償金といいます。

 例えば、不動産の価値が3000万円であれば、相談者が不動産全部を取得する代わりに、お姉さんと妹さんにそれぞれ1000万円を払うことになります。
 もちろん、他に預金等の遺産がある場合はそれを組み合わせることになりますし、相談者が手元資金で代償金を準備できない場合は、遺産分割と同時に銀行等からの借り入れも組み合わせることになります。

 それから、このようなケースで一番注意したいことは、お父上がお亡くなりになった後、直ちに相続人である兄弟間で相続権の主張がなされないからといって、遺産分割協議を先送りにしないことです。数年経過後に、遺産分割協議をするとなると、その時のおかれた状況等から感情的なもつれが生じたり、必ずしも適切ではない知識を前提に法的に無理な主張を展開するなどして、遺産分割協議が難航することが多々あるからです(多くの案件を扱ってきた等事務所の経験に基づきます。)。

 したがって、遺産分割協議は、葬祭関係等がひと段落した後、速やかに開始することが望ましいと言えます。

投稿者: シリウス法律事務所事務所

ARTICLE


SEARCH



CATEGORY

尾川・白崎法律事務所 成年後見専門サイト 尾川・白崎法律事務所 尾川・白崎法律事務所 Google Plus
初回相談無料 06-6364-1133 (9時~18時)