相談事例集

2013.02.24更新

<相談内容>
 この度、母が亡くなり(父は先に他界しています。)、長女である私と長男が、母の遺産を相続することになりました。

 母には不動産や金融資産がありましたが、その他に、長男が、母を被保険者とする生命保険の保険金受取人になっており、相当の保険金を受け取ることになりました。

 母は遺言を作成していなかったのですが、長女である私と長男で行う遺産分割協議において、長男が保険金を受け取ったことを法的に考慮することはできないのでしょうか。

<解決>
 被相続人を被保険者とし、相続人の1人を受取人とする生命保険金は、遺産に含まれません

 したがって、相続人の1人が生命保険金を受け取ったことは、遺産分割協議において、法的に考慮されないのが原則です。

 しかしながら、この原則を貫くと、相続人間で実質的に不公平が生じることがあります。ご相談の事例でも、例えば、保険金が3000万円、遺産総額が2000万円であれば、長男は保険金3000万円と遺産の2分の1相当である1000万円の合計4000万円相当を手にするのに対し、長女は遺産の2分の1相当である1000万円相当しか手にすることができません。

 この点に関し、近時、最高裁判所が、不公平の是正の余地を認めた、次のような決定を下しました。

 「(中略)保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となると解するのが相当である。上記特段の事情の有無については、保険金の額、この額の遺産の総額に対する比率のほか、同居の有無、被相続人の介護等に対する貢献の度合いなどの保険金受取人である相続人及び他の共同相続人との関係、被相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して判断すべきである。」

 したがって、ご相談のケースでも、長男が受け取る保険金の額、それが遺産全体に占める割合、長男と母が同居であったか、長男が介護をしていたか、長女の介護への貢献等を総合的に判断して、当該保険金が特別受益に準ずるものとして、遺産分割協議で、法的に考慮される余地はあるといえます。

投稿者: シリウス法律事務所事務所

尾川・白崎法律事務所 成年後見専門サイト 尾川・白崎法律事務所 尾川・白崎法律事務所 Google Plus
初回相談無料 06-6364-1133 (9時~18時)