相談事例集

2013.02.18更新

<相談内容>
 この度、私の父が亡くなり(母は先に他界しています。)、長男である私が喪主を務め、父の葬儀を執り行いました。したがって、葬儀費用150万円を、一旦、私が立て替えて支払いました。香典は辞退しています。

 
 これから、私は、妹及び弟と、父の遺産に関する分割協議をするのですが、この遺産分割協議において、葬儀費用を考慮してもらうことができるでしょうか。
 なお、遺言書はありません。

<解決>
 葬儀費用については、被相続人が亡くなってから発生したものであるため、相続債務とはなりません。

 ですから、被相続人の生前に発生した債務と異なり、当然に、遺産分割協議の対象となるものではありません。

 ただ、相続人全員で合意し、遺産分割の対象として考慮することにしたのなら、そのように処理することに何ら問題はありません。

 したがって、喪主として葬儀費用を立て替えて支払う立場になるのなら、後に、他の相続人の理解を得られるように、葬儀の規模、方法等について、他の相続人に相談して意見を取り入れたり、請求明細を残しておくなどしておくことが賢明です。

 仮に、その体裁、出席者からして、被相続人の葬儀というより、喪主のための葬儀ということになれば、他の相続人の理解を得られず、立て替えて支払った葬儀費用を、遺産分割協議の対象とすることは困難となるでしょう。

 ご相談者の場合、葬儀費用は150万円であり、著しく高額とまではいえないと思われます。

 したがって、経緯や請求明細等も考慮した結果、相談者のお父上にとって、分相応なものであれば、他の相続人に遺産分割協議の対象とすることの理解を求め、その点を含めて、遺産分割協議の成立を目指すべきです。

 また、仮に、遺産分割協議が不成立となり、遺産分割審判によらなければならないことになっても、少なくとも、葬儀費用もその対象とすることの合意を得ておくべきです。

 そのような合意がなければ、遺産分割審判では、葬儀費用は、審判の対象となりませんので注意が必要です。

投稿者: シリウス法律事務所事務所

尾川・白崎法律事務所 成年後見専門サイト 尾川・白崎法律事務所 尾川・白崎法律事務所 Google Plus
初回相談無料 06-6364-1133 (9時~18時)